りんしゃんのお膝

2013年3月18日 (月)

りんしゃん、お膝を診てもらったでしよ

やっとこのUPでございます。

プチお久しぶりでございます(o・ω・)ノィョ─ゥ♪


りんしゃん、病院に行ってきました。

前回、せんせーに手術を勧められ、

父しゃんにも「完治するなら手術する」と言われたのですが・・・


どうも母しゃん、納得いかなくて。

今回の受診までちょうど一週間あったので

グタグダ言うなら

結果を出そうと思いまして・・・



毎日の散歩は土の上、

浴槽に入っての水治療法(浮力を使って荷重訓練、可動域訓練)、

マッサージにストレッチ、

そしてお灸。

あと秘密兵器のバランスパッド。

こりは人間様の訓練で使用するものを使っております。


さすがにバランスパッドでは膝が外れる事もあったけど、

徐々に外れる頻度が少なくなってきて・・・



準備万端とは言えないけど、

ちょっと自信はあった、診察。

せんせーに「自身ありげな顔だ」と言われながらも

診て頂きました( ̄ー ̄)ニヤリ


結果、前回、見られていた「ローリング」と言われる

後ろ半身がぶれて横揺れして歩いていたものが

診察時にはローリング消失。


疲れてきたり、床の条件下によっては

まだローリングが見られますが、

それでもこの一週間では劇的変化だと思う。



今回「手術」って言う単語は出てきませんでした

ワ━ヾ( o・∀)ノ゙ヾ(o・∀・o)ノ゙ヾ(∀・o )ノ゙━イ!!



勿論、父しゃんが言う「完治」ではないです。

でも大腿四頭筋と言われる太ももの筋肉を鍛え、

脱臼する方向に筋肉が短縮傾向にあったので

この筋肉をダイレクトにストレッチして・・・

腰の筋肉やお尻の筋肉もほぐして、

それで膝蓋骨を定位置におさまるようにしてみました。



きっとこれからも

膝が外れたり、

最悪な時は関節炎をおこすこともあるかもしれない。

その時には次を考えるとして・・・


「今」は手術を先送りしようと思います。




この後、せんせーに膝が外れた時の入れ方を

ちゃんと指導してもらって・・・

って、徒手的にわざわざ膝を外したもんだから

音が「ぱきっ」って..・ヾ(。>д<)シ こえぇぇぇ

でもこれで膝が外れて

りんしゃんが自分で修復出来なくても

母しゃんが入れてあげられるし、大丈夫∑d(ゝω・●)




心配して頂いた皆しゃん。

当分はリハビリで様子を見ていきたいと思います!!

頑張るね。





ブログとしてお写真がないと淋しいので・・・


母しゃんに遊ばれる“けんたろす”こと、しんくん。035

そしてこのリボンが落ちちゃって、めんめが!!!(●ゝ艸・)フ゜ッ
Anigif1

母しゃんの癒し、しんくんでしたキャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン



2013年3月13日 (水)

りんしゃん、走ったでしよ。

先週末、りんしゃんの散歩を開始することにしました。

ホントはまだ安静期間ではあるんですけど、

大分、元気になってきたし、

腰の周りの筋肉にあった硬結と言うか、

張りもなくなったし・・・

少しずつ、と思って。。

ただいつもの散歩コースはアスファルトに坂道。。

どう考えても膝や腰によろしくない(o´д`o)=3

でも自宅の周りはアスファルトだらけだし、

歩かせてみたら、疲れてくると

やっぱり膝が外れちゃうようで・・・



こりは無理だ!ってコトで、

土を探してあちゃこちゃ移動して・・・

結局、いつものグラウンドへ(o^皿^)\ニパッ♪




そしたらね、風が強い日だったんですが・・・

りんしゃん、走っちゃいました(;¬∀¬)ハハハ…

楽しかったらしいww

実はね・・・

先日、せんせーから膝の手術をやっぱり勧められて( ̄へ ̄|||) ウーム

母しゃん的には大分、良くなっていたし、

手術は先延ばしになるな、って勝手に思い込んでいたので

ちょっと、いやかなりショックだった訳で。。




父しゃんに相談したら

「手術するぞ」って、一言。

完治しなきゃ意味がない、って・・・




母しゃんは

ここまで良くなってきていたから

もう少しリハビリさせて欲しくて。

勿論、リハビリをしたからと言って

脱臼が治ると言うコトは有り得ないし、あくまで現状維持。

それでもやっぱり避けられるものなら手術は避けたい訳で・・・



でもせんせーも父しゃんも

“今”(の年齢)だから手術してしまおう!って・・・



膝をかばって歩いていれば、

また腰に負担もかかるだろう、って・・・

肝臓だって今なら麻酔に耐えられる。

また痛い思いをさせて、

その時に手術が出来ない状態だったら可哀想だって。

そうなんですけどね。。

それもよく分かるんですけどね・・・

でも土だったら

膝が外れずに走れるし歩けるんだよ。

だったら鍛える価値はあるんじゃないか?って思っちゃうんです。




何が正しい選択なのか・・・

考えれば考えるほど分からなくなる。

困ったもんです(,,-_-)

とりあえず、走れるようにまで回復した、と言う事で・・・

今宵もお風呂でリハビリでございます( ̄ー ̄)ニヤリ

頑張れ、りんしゃん!!!

2013年3月 7日 (木)

そんな態度にでるのね、りんしゃん。

昨日、りんしゃんに棒灸しようとしたら断られました。

そしてマッサージをしようとしたら、こりまた断られました。

そしてりんしゃんは今朝、ベッドを自分で降り、階段も駆け下りていきましたヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ




階段の昇り降りやジャンプが腰にも膝にも悪い事は知っています。

でもここ数日のりんを見ていたら、

何が何でも止めさせようとは思えなくなってしまいました。

痛みのある時にはマッサージを要求してくる、りんしゃん。

必要なくなれば要らないと意思表示するし、

だったらその時、その時で必要な対応をしてあげればいいのかなーって。

勿論、少しでも負担のないような環境を作ってあげることが

とっても大切だとは思うんですけど・・・

それだけじゃないかな、って思うようになりました。




今回、りんしゃんの身体を触りまくるようになって分かったこと。

犬も人もそれぞれ姿勢に癖があって

微妙な筋肉の張り方が左右違っていたり、

得意な動きや可動域にばらつきがあるんだな、ってこと。

ストレッチやマッサージが有効なことも分かったし、

悪い事だけじゃなかったかな、って思えるようになりました(●ゝ▽・●)ヽ




それだけ私に余裕が出てきた、ってコトなんですけどね。




ちょっとだけでも勉強を始めていて良かった。

今回ちょっと頭を過ぎったこと。

わんわんリハビリの勉強を始めたけど、

私、きっと、りん専属になるんだろうな、って・・・

漠然と思っちゃいました。

言葉が通じない分、身体から感じ取るしかなくて・・・

りんの身体とですら、感じ取るのが難しくて、

あー、奥が深すぎる!って思っちゃった。



自信もついたけど、

難しさも実感した、わんわんリハビリ。

もう少し、追求してみたいな。

今日はひとり言みたいな記事なのでスルーしちゃってくださいませ。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

仕事から帰ってきて、真っ先にすること。

リビングの窓を見て、りんしゃんの姿を確認すること。

あー、元気だ!って思うと嬉しくなりますヽ(´∀`)ノ⌒♪076

2013年3月 5日 (火)

ちっこがこんなにも嬉しいものとは・・・でしよ

まずはご報告です。

りんごチップスを作っていたら、

待ちに待った、りんしゃんの頂戴、頂戴が始まり、

トイレで座り込みをするようになりました( ̄ー ̄)ニヤリ070

そしてですね・・・

500円玉サイズのちっこをするようになりましたィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ

(注:りんしゃんはよくシートからちっこを外す子だったので、シートに上手にちっこをするとウマウマがもらえたのであります。そりは大人になった今でも習慣として残っていて、どうしてもウマウマが食べたい時にちっこ絞り出し作戦に出るのであります)



いやあ、こんなにも500円玉サイズのちっこが嬉しいとはヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!



順調、順調!!なのですが、

後足を伸ばして、背伸びをした瞬間、

恐らく左の膝蓋骨が外側に脱臼したのかな・・・

左側にバタンと音をたてて

倒れてしまった、りんしゃん。

既にいつもの“動じない女 りんしゃん”に戻っていたので、

焦った様子もなく、

そりはそりは、流暢に・・・

何事もなかったかのような顔で普通に起き上がりました。

そしてフリーズ(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?

動き出したと思ったら

左のつま先が異様な方向を向いた状態で歩き出してヾ(・・;)ォィォィ

やっぱりフリーズ。

そんな事もありつつ・・・

でも悲鳴をあげることもなく生活をしています。




そして日曜日。

浴槽を使って水治療法(水中でのリハビリ)を開始しました。

これも人のリハビリと一緒です。




水中では浮力があるので、

深さによっても変わりますが、

地上に比較すると膝への負担は少なくて済みます。



まずは浴槽の中を歩き、

股関節と膝関節の曲げ伸ばし運動。

それから膝関節のみ曲げ伸ばし運動。

十分に温めてからストレッチになります。

そんな様子を撮ろうと思ったら・・・

母しゃん、おパンチュ姿だってことに気付き、

りんしゃんの入浴シーンのみとなっています うふ♪(* ̄ω ̄)v

しかもホントにちょっとだけww

そして日曜日はしんくんとお散歩デートもしましたよん。

りんしゃんを一人留守番させるのが忍びなくて、

ずっとお散歩も少しだけだった、しんくん。

例の如く、文句も言わずに、

ずっと一人遊びをしてくれていた、しんくん。

日曜日はちょっとだけだったけど、ディスクで走ってきましたよん。

こちらもi phoneからの撮影なので、縦長でありますww

ねっ、楽しそうでしょ∑d(ゝω・●)


暫くはりんしゃんのリハビリに時間を費やしたいと思います。

皆さんのブログに遊びに行くこともできないと思います 人( ̄ω ̄;)ごめんちゃい

またUPしますねヾ(*'-'*)マタネー♪

2013年3月 3日 (日)

一週間の経過報告でしよ

ずっとUPせずに申し訳ありませんでしたヾ(_ _。)

月末だったこともあり、りんしゃんのお世話と残業と・・・バタバタして過ごしていました。

ご心配をおかけしました。

ホント、ごめんなさい。

記録がてら書いていきますので、長文になりますがお付き合いくださいませ。

一部、“ええっ!!”って思うコトも書かれていますが、

そこはりんしんファミリーなのでスルーしながら読んでくださいませ。

2月25日(月)  5日目

朝、全身ガクガク震え、朝食を準備するが全く食べようとせず。

排尿、排便、促すがなし。

座薬1/4を使用。

少しするとフードをふやかした物を手から与えると食べ始める(通常の半分量摂取)。

スヌードを外そうとした際、ついついいつもの調子で外してしまい、

りん悲鳴・・・

そのまま全身ガクガクが激しくなり、

私と一切、視線を合わせなくなる。

仕事に行こうとする母しゃんに

ジャンプしながら抗議する、黒っ子が一匹。

私の指を幾度となく、噛む。



昼に自宅に戻ると震えている状態。

抱っこしていると震えが止まる。

暫くするとちょっと歩いてはフリーズしながら、

玄関前まで時間がかかりながら行く。

庭に出すと大量の排尿あり。

その後、洗面所やトイレに入って震えながら動かなくなる。

何度、リビングに戻しても

傾きながら歩いて、洗面所に行こうとする。




私の顔を見ると震えが強くなるような気がして仕方がない。

仕事に戻ろうとした私に吠え、指を噛む黒っこが一匹。

夜、痛み止めをトマトに混ぜるが顔を背け食べようとせず。

暫く抱っこしていると震えも止まり、トマト、薬も内服する。

薬が効き始めたのか、元気が出てきて

夕飯を作っていると

“ちょうだい、ちょうだい”となき始め、全量摂取する。



ガムを渡してみると久しぶりに食べてくれた。

5日ぶりで見る、りんの笑顔

ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ モヒトツヾ= ̄∇ ̄)ノ バンザーイ♪

Page

実は・・・

わたくし、この笑顔を見て泣きました(*/ェ\*) ィヤン

2月26日(火) 6日目

父しゃん、休日出勤の予定をキャンセルしてくれて

一日 自宅で過ごすことに・・・

朝食拒否はするが、

座薬入れた後、フードを手から食べ始め、全量摂取する。

一日、父しゃんの側で過ごす。

父しゃん、何度か庭に出して排泄させてくれたらしいが・・・

玄関の段差を抱っこせずに降ろしたらしく、

その後、フリーズする状態が続く。



夕方の薬を父しゃんが飲ませようとした際、

リンゴを擦ったものに混ぜたが顔を背けて拒否。

ここ数日、りんしゃんのお薬拒否が続いている状態であり、

父しゃんの手からも拒否したことで、

父しゃんに引っ叩かれたそうな∑(□゜/)/キャー!



それで状態がもっと悪くなったらどうするの?って言ったら

「それはそれ」

「りんの一番である俺の事も信じられないでどうする?」と・・・

りんしゃん痛みが辛くて

ちょっとナーバスになっていたんだけど、

父しゃんには通用せず。。




2月27日(水) 7日目

目覚めた直後からガクガクと震えだし、

抱っこをせがんでくる。

抱っこの姿勢は腰に負担がかかるだろうに

不思議と抱っこしていると震えが止まるようだ。

座薬、痛み止めを入れた直後は大分、動けるようになってきた。

立位姿勢も真っ直ぐ立てるようになってきた。

食欲も出てきて、父しゃんが食べている間は隣にいるようになってきた。

Cats

2月28日(木) 8日目

今朝はガタガタ震えることもなく、

久しぶりに室内のトイレでチッコとうんPしゃんをしてくれた。

座薬を入れようとした際、

ケツの穴をぎゅーと絞めてきて・・・

座薬ブロックなる業を仕掛けてきた。

そんな事で負けてはならぬと

ワセリンを塗って座薬を突っ込んだところ、

頭がちょっと入ったと思ったら、

座薬を吹っ飛ばしやがったゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

それだけ力が入るのであれば

大丈夫!!と確信。

山は越えた!!!




受診。

座薬は終了し、内服薬だけに。

大分、尻尾も振るようになり、歩き回るように。

体重8.3kg 

3月1日(金) 9日目

母しゃんとしんくんが起きた時、

ベッドで寝ていたのでそのまま寝せておくと

自分でベッドからジャンプして降りてくる。

恐らく、膝蓋骨がはずれ、フリーズする。

その後、自分で修復する。

動きを見ているとフローリングを歩きながら

膝折れしたり、

かなりの頻度で滑っている。

滑った際に膝蓋骨は脱臼し、自分で戻している。

ネットで購入したコルクマット144枚をリビングに敷き詰めたところ、

滑るということはすっかりなくなった模様。

数日前より温熱療法とダイレクトストレッチを開始。

そしてこの日より棒灸と腰椎へのモビライゼーションを開始。



通常、母しゃんが人間様の腰痛に対して行う手技を

りんしゃんに実施してみる。

人と骨の大きさが違うのでかなり大変。

棒灸もストレッチも嫌がらずに腰を押し付けてくるので

気持ちがいい??らしい。
Cats_2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━

悲鳴をあげることは殆どなくなってきました。

フリーズする回数も大分、少なくなっています。

膝蓋骨に関しては動きによって外れたり戻ったりを繰り返しています。




現在、棒灸とストレッチを母しゃんが行っています。

そして水中でのリハビリも開始します。

母しゃんにとってのワンワンリハビリ

第一号のお客様はりんしゃんになりました( ̄ー ̄)ニヤリ

もっとちゃんと勉強をしてから・・・と、思っていたけど、

そんな余裕はなくなりましたww

背中の筋肉やお尻の筋肉を柔らかくして、

腰痛の軽減を図り、

太ももの筋肉を強化することで

何とか手術が避けられるように頑張ります!!

2013年2月24日 (日)

えっと・・・腰が原因でしか?

沢山のコメありがとうございました(*・艸・)。+:*○тнайк чоц。+:*○

またちょっと色々あったので、良かったら読んで下さいな。


2月22日(金)

ブログ書いた後、鎮痛剤をお口に入れようとした際

「キャイン」って大鳴きされ

全身ガタガタと震え始める。

暫く私と視線を合わせようとせず。

そのまま距離をおき、父しゃんが対応。



ベッドで一緒に就寝。

寝ることが出来ず、抱っこしていると寝始める。

昨日と違って自分で寝返りをうっていた。





2月23日(土)

朝食はフード 1/4のみ。すりおろしリンゴ(1/6) 水分全く摂取せず。

排尿は庭で、排便は腹部を圧迫して、立った状態で行う。

11:00から受診予約。

20秒の距離でも歩くことが出来なくて、カートにて行く。

寒いのと痛いので全身ガクガクしている状態。055

術前検査中、腰部触診の際、激しい痛みあり。そのままX-P撮影。

腰椎に変形所見(L4~5)はあるが進行は認められず。

触診時の痛みの箇所は以前からの変形部位より1~2コ上の部位。

その部位(L2~3、3~4)も椎間が狭い状態。


結果。

事実として膝蓋骨脱臼はあるが、

今回の一連の原因として考えられる事は

椎間板ヘルニアの初期症状での筋力低下が下肢にみられ

その筋力低下が元々あった膝蓋骨脱臼の誘因となっている、

のではないかって(;¬∀¬)ハハハ…





確かに。。。

筋力低下が原因であれば、

内側と外側と両側への脱臼も納得がいくって言うか・・・




先生としては

3週間は絶対安静で鎮痛剤で様子をみたい、って。

手術するつもりだったから・・・

まさかの展開で∑( ̄□ ̄ノ)ノ 



でもこの痛みが3週間も続くのは可哀想で

痛みだけはとって欲しくて

先生に伝えたら

「ステロイドを使う?」って・・・

りんの肝臓しゃんとステロイドの問題は

病気する度にぶつかる問題で・・・

ステロイドだけじゃない。

鎮痛剤だって

抗真菌剤だって

また薬で肝炎になったら・・・って思っちゃうから、

使う時はいつもドキドキで。。

今回は先生が決めて、って言ってしまった、私。





結局、ステロイドは使用せず、

座薬を勧めてくれた、先生。

りんのリスクを考えたら、そういうことなんだろうな・・・

元々、関節用のサプリは飲んでいたので

ビタミン系の薬も内服しないことに。

座薬は鎮痛剤が効かなかった時に一回1/4を使用、

それでも痛みがとれなかったら更に1/4追加することに。





その後、一旦、自宅に戻り、また受診する。

棒灸実施。

実施後、病院内を尻尾フリフリして歩き回り、小走りもするように・・・

先生に教えて頂き、自宅でも出来るように購入(〃▽〃)




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


絶対安静の指示が出たけど、

動けないので安静ちう だよね( ̄ー ̄)ニヤリ



そんな安静を邪魔する、黒っ子しゃん。056

痛みがある間はガクガク震えている、りんしゃん。

座ったら座りっぱなし。

立ったら立ったまま。

結局、昨日は午前中に排泄した後、

排尿も排便もみられず。

ちっこスタイルは痛いもんね・・・
P1060696

かと言って、ちっこしない訳にも行かないので・・・

お庭だとしてくれるので、

って、しんくん邪魔!!!
P1060697

ちっこはお庭まで抱っこでいき、当面は庭ですることに。

うんPしゃんはお腹圧迫して・・・かな。P1060700

食欲は少しずつ・・・ですが、戻ってきています。

ただ前みたいに

「食べたい」「食べたい」って言わないけど。

「りんはホント食べるの大好きなんだから」って、

毎日言ってたのが嘘みたいだけどね。

ちっこだって

500円玉サイズのちっこをしてはご褒美をねだってた、りんしゃん。


食べたいって言ってくれたり、

ちっこしてくれたり、

当たり前のことが

とっても大切なんだ、って改めて思ったりして。。

こりは一週間前のお写真。

りんしゃん、走ってるよ(∀`*ゞ)エヘヘ

Page

2013年2月22日 (金)

えっ!!どっちもでしか??

経過を記録したいので連日UPになります。


昨夜はどの体勢で寝ようとしても痛みが出てしまうらしく、

自分で体位を変えるのも辛かったようです。

その為、母しゃんの腕を枕にして

横向きで寝ていたのですが、

気付けばお座りをして覗き込んでいて、

その度に寝返りを介助する、と言う状態でした。





今朝は鎮痛剤を朝に内服。

その為か、昼に帰宅すると、

左側に傾きながらも歩いて玄関まで出迎えにきてくれました。




しんくんは恒例の軟便が今朝から始まっています。

(りんしゃんが体調が悪くなり始めると、しんくんはうんPしゃんが軟らかくなってしまいます)

そしてこりも恒例のしんくんの看病が始まりましたが・・・

これが本当にりんしゃんにとっては迷惑そうで(;¬∀¬)ハハハ…047

とにかくりんしゃんにどこか身体の一部が触れていたい、しんくん。

りんしゃんにとっては自分の身体を支えることだけでも精一杯な状態なのに・・・

悪気がないだけに困ったちゃんであります。048

しかもじっとしてないから厄介でありますε-(´―`*)049

そしてもっと厄介なのが・・・

座っていたり、立っているりんしゃんにもくっ付いていくことなんです。

必死に転ばないように、痛みに耐えるりんしゃんを見ちゃうと、

しんくんが悪い訳でもないのに、

しんくんを吹っ飛ばしてしまいそうな自分もいて(o´д`o)=3

適度に距離を作ってあげないと

今回はダメそうです。。






写真は鎮痛剤が効いている状態での立位。

左に傾いているのが分かるでしょうか?Page

ちょっと気になる事があって、先生に今日も診て頂いたら・・・

通常は内側方向か外側方向の一側方向に脱臼することが殆どらしいんですが、

りんしゃんの左膝蓋骨は内側、外側の両方向へ脱臼することが分かりました。

どんだけプラプラなんだ???(v_v`)はぁ・・・。





そして右膝蓋骨においても脱臼は認められる状態でした。



父しゃんに話したら「手術するぞ」って。

「目が見えなくても正直、俺は良いと思った」

「でも身体も動かなくなるのは、まだ早過ぎる」って(p'д`q*)゚。



来月のお誕生日で6歳になる、りんしゃん。

肝臓も胆嚢もお耳も眼も皮膚も腰も膝も全部治れとは思わないし、望まない。

でもね

せめて

せめて、もう少しだけ・・・

元気にお出掛けがしたいから。

だから

りんにとって、何度目の試練なのか分からないけど・・・


どうか

りんしゃんの肝臓しゃん。

痛み止めの薬に負けないで・・・

どうか

手術をする時の麻酔に

りんしゃんの肝臓しゃんが負けないで・・・


そしたら術後のリハビリは

母しゃんがやったる!!!

これ以上、面倒なケアが増えたって平気。

何でもやってあげるから

もう一回だけ

もう一回だけミラクルを・・・




と、思ってしまうのでありました。

りんしゃんの肝臓にとってはとてつもなく負担なんだろうな・・・っても思うんだけど。

それでも頑張って欲しいって思っちゃうんだな。

これってエゴなのかな???



りんはどうしたい??




2013年2月21日 (木)

りんしゃん、今度はどこが悪いんでしか??

ご無沙汰でございます(*´∀`)ノィョ―――ゥ☆彡

元気だったと言いたいところでありますが・・・

実はりんしゃんが。。。

色々とありました(lll-ω-)ズーン





フェイスブックにはリアルタイムでUPしていたのですが・・・

記録も兼ねてご報告。




2月21日 AM3:00   居間のコタツで一人眠っていた、りんしゃん。2階の寝室に上がって来たが、ベッドに上がらず、寝室内をグルグル歩き回る。声をかけると階段を自ら降りて行き、キッチンのオヤツ置き場に行き、オヤツをねだる。

そのまま居間のコタツで朝まで入眠。コタツで寝ているのにガタガタ震え出すので、更に保温すると落ち着く。

朝食は全量摂取。器もペロペロ舐めるが、すぐにコタツで臥床。

排尿、排便なし。

その後、父しゃんが起きてくるがコタツから顔も出さず。

父しゃんが朝食を食べ始めても、コタツから出てこない。




食欲はあるが

父しゃんに顔を見せないのは、まず有り得ない。

そして父しゃんがご飯を食べているのに

コタツで寝ているなんて

あのりんしゃんが・・・

絶対におかしい!!


って、コトで仕事が休みだった父しゃんにお願いして病院へ。

母しゃんはフェイスブックを使って、

症状をせんせーに報告。


血液検査上、肝臓、CRPなど炎症数値も問題なし。

元々、我慢する子なので触診も異常なし。

ただ腰の変形もあるので鎮痛剤を注射して帰宅したと、父しゃんから連絡があり。

お昼に様子を見に戻ってみると

鎮痛剤が効いているのか、動きはじめ

昼食を食べているとテーブルにいつもの顎乗せをする。



鎮痛剤が効いていると言うコトは・・・

骨・関節系の痛み??

せんせーに報告しながら

明日以降の治療方針について相談する。


腰のXーPも暫く撮っていないので

後日、精査することに。

鎮痛剤も頓服で継続することとする。


で、終了だったはずなのに・・・

夜、仕事が終わって帰宅すると

尻尾フリフリで出迎えてくれた、りんしゃん。


大分、元気になっていて

鎮痛剤が効いているのね、なんて思って

夕飯を準備して

食べている姿をマジマジと見たら・・・



明らかに左側に傾いていて、

左後足で支えきれていなくて。

でも右が悪い訳ではなさそうで・・・

歩容もおかしい。


麻痺??

でも片脚?ってコトは腰ではない・・・

股関節???

膝??

この時点で病院の診察時間は過ぎていたんです。

徒歩20秒の距離なので、

ダメもとで病院に顔出して事情を説明し

見て頂くことに。。


結果的には左膝蓋骨脱臼でした。


昨年の10月に診断名は出ていたのですが

グレードは進行していたようです。


手術にするか・・・

腰のこともあるし、鎮痛剤で痛みを散らして様子をみるか。。


鎮痛剤が効いているからか、

りんしゃん、歩く歩く。

でもまるで酔っ払いみたいに歩く姿が切ない(ノ_・、)




痛いのは可哀想なんだけど、

命に直結する問題ではないことが分かって、

ちょっとだけホッとした自分もいるんです。

だって、朝はまた肝臓??って思ったから・・・



あー、今日は一日長かったな。

疲れた。はふぅ。


お写真がないのも淋しいので・・・

全く関係ないけど

癒しのしんくんを( ̄ー ̄)ニヤリ  では、また。

Anigif













リンク