2012年12月12日 (水)

今日は歯のお話しでしよ

りんしゃんの受診時、必ずと言って確率でしんくんもお供します( ̄ー ̄)ニヤリ



そして診察室でりんしゃん以上にガタガタ震えて

地震かと皆が一瞬、焦るくらいドアをガタガタいわせたり、

せんせーとは絶対に視線を合わせなかったり・・・

まぁ、ついてきても邪魔でありますΨ( ̄∀ ̄)Ψケケケ





診察が終わると頑張ったりんしゃん以上に

テンションが上がりまくる、しんくんヾ(・・;)ォィォィ

絶対にぺろりんちょしちゃうので、

タマゴちゃんを持参してみました うふ♪(* ̄ω ̄)v

そしたらやっぱり見せてました。

あっ、でも見せる“だけ”ね(●ゝ艸・)フ゜ッ
080

そして院長せんせーの歯石チェックが始まっちゃったヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ081

実は前回もチェックして頂いて、

「汚い」って言われていてので歯ブラシ頑張ったんです。

そしたら一応「合格」頂きました ィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ082_2

院長せんせーは循環器の他、歯科が専門なので

前々から歯については教えて頂いていて・・・

出来の悪い生徒だとは言われているんですが (*ノω<*) アチャー


我が家のブログでも登場する牛膝なんこつなどの骨系おやつは、

確かに歯石はとれるけど、歯に沢山、傷をつけちゃうので本来NGと言われてますよね。

そりでも口臭がとれるからついついあげちゃうんですけど・・・

結局、この表面についた傷に歯石がつきやすくなっちゃったり、

歯が割れちゃう子もいるみたいですね。




そして無麻酔の歯石除去のリスクについて、

獣医さんのお話って聞いたことがありますか?

歯周ポケットって聞いたことありませんか?

歯石って取っただけではなく、表面のケアも必要です。

もし器具が歯茎などに当たった場合、処置が必要な事も出てきます。

超音波のスケーラー、水が出ますが誤飲したら??

しかもばい菌のついている歯石ごと飲みこんでしまい、

それが肺に入ったら??

肺炎になっちゃいます。

でも全身麻酔って、やっぱり怖いですよね。

りんしゃんなんて肝臓が悪いし、下手すりゃ命とりになります。

だから出来ることなら、全身麻酔までして歯石はとりたくない。

もし無麻酔で安全に出来るなら、それにこしたことはない訳で・・・

それで前にしつこく聞いて教えて頂いたんですけど、

全身麻酔した際、挿管と言って、気管チューブを入れるので

誤嚥のリスクも低くなるんだそうです。

表面上、キレイに歯石を取れたとしても・・・

それは表面上の問題だけ、みたいです。

そんな内容が日本小動物歯科研究会のページに書かれています。

お時間のある方は読んでみてください。

とっても分かりやすく書いてあります。

それでも手っ取り早く歯石が取れちゃうと・・・って考えちゃいますよね。

でも知っていると知らないのでは違うと思うので、

批判ではなく、一つの参考として読んでもらえれば・・・と思います┏〇ペコッ




そしてこの間、mbしゃんがUPしていた商品(ブログ記事は「ワンコも歯が命~♪」)

良いらしいっすよ(●ゝ▽・●)ヽ

もう少しすると使ってみてどうだったか、

UPされるだろうから期待して待ちましょうかね(人*´∀`)


今日は大真面目なお話でした。

私自身、へぇ~って思ったのでご紹介。

へぇ~って思った方はポチり、お願いするでしよ。


にほんブログ村

リンク